リモートデータ復旧

リモートデータ復旧(RDR)は当社が特許を取得している独自のサービスです。データが消失した状況においてハードウェアが依然として機能している場合、最も迅速かつ利便性がよく、費用効果の高いソリューションです。RDRを使用すると、お客様のシステムとオントラックの間の強固なセキュリティを介し、遠隔操作でデータを復旧することが可能になります。

リモートデータ復旧は次の場合に利用可能です。

  • 迅速な復旧が極めて重要である場合
  • 論理障害はあるが、ハードウェアは機能している場合しかしながら、メディアに物理障害がある場合であっても、オントラックではラボ内データ復旧サービスを使用することで、お客様のデータ復旧を支援することが可能です。
  • 多数のドライブがある企業のストレージソリューションの一部における復旧
  • SANまたは環境はまだ構築中であり、分解することが選択肢に入っていない場合があります。当社では、大規模システムのデータ消失部で作業することが可能です。
  • お客様のセキュリティが確保されている場所に、留めておく必要のある非常に機密性の高いデータがあります。当社ではセキュリティおよびコンプライアンスの要件に適合するために、セキュリティの高い、暗号化された接続を使用しています。
  • 最良のデータ復旧ソリューションを提供するためには、調査を実施してデータ消失の原因を特定し計画を作成する必要があります。

 

リモートデータ復旧の利点

  • RDRは、費用対効果の高い、安全で迅速かつ便利なサービスです。データ消失を修復し、システムを元の動作状況に戻します。
  • 当社のRDRサービスは、データを復旧する最速な方法であり、輸送所要時間を平均2日間節約できます。
  • 当社のエンジニアは、接続が確立され次第、お客様のドライブで作業を始めます。
  • お客様のハードウェアおよびデータは、お客様のセキュリティが確保された場所に残されたままとなります。
  • 元のドライブは、接続が確立された後も、ソフトウェアの「ライトブロッカー」アプリケーションで保護されています。そのため、元データは常に保護された状態になっています。
  • 当社は、あらゆるデータ消失状況に対応しています。特殊なデータ消失の状況では、カスタムソリューションを模索し、迅速に開発します。
  • 復旧の全プロセスを通じて、シニアエンジニアと直接作業します。

リモートデータ復旧プロセス

リモートデータ復旧は、次の2ステップからなるプロセスです。

  • ステップ1:カスタマーハードウェアのセットアップおよびクライアントのインストール
  • ステップ2:接続プロセス

 ステップ1:お客様のハードウェアをセットアップして、リモートデータ復旧クライアントをインストールします

復旧したいハードディスクドライブを作動しているMicrosoft Windowsシステム(ホストシステム)に接続します。

重要:CheckDisk(CHKSDK)またはその他の復旧ユーティリティを使用して、復旧対象のハードディスクドライブの検査を行なわないでください。こういった修復により、記録メディアからのデータの復旧ができなくなる場合があります。

オントラックリモートデータ復旧ソフトウェアをダウンロードし、ホストシステムにインストールします。

ステップ2:強固なセキュリティが確保された接続プロセス

リモートデータ復旧のクライアントは、外部TCP/UDP接続を使用して、強固なセキュリティで守られたオントラックサーバーに接続し、トンネル状のポイントツーポイント接続を形成します。

Kroll Ontrack Remote Data Recovery

図1:強固なセキュリティで守られたリモートデータ復旧、インターネット接続を介したRDRカスタマーとオントラック間の接続

RDRは、サードパーティのホスティングサイトや通信プロセスを使用しません。RDRクライアントアプリケーションにより、直接RDRサーバーに接続することができます。Microsoft Windowsクライアントでは、Microsoft Crypto API/RSA暗号を使用して、接続のセキュリティを確保します。セキュリティを高めるために、HTTP通信プロトコル全体がオントラックの独自仕様となっております。

リモートデータ復旧の能力

オントラックリモートデータ復旧は、次のテクノロジーに関してデータを復旧いたします。

  • すべてのオペレーティングシステム
  • すべてのバックアップフォーマット
  • 仮想マシン、サーバー、システム
  • EXT3、XFS、その他のファイルシステムを持つLinux
  • AIX、SCO、SGI、SUN、VxFS、その他のファイルシステムを持つUNIX
  • Novell NetWare 3以降
  • 従来型のNetWareおよびNSSファイルシステム
  • ソフトウェアRAID
  • ハードウェアRAID
  • すべての種類のデータベース
  • 内部破損のある、またはメールボックスもしくはメッセージが削除されてしまったMicrosoft Exchange Server Information Storeデータベース
  • Microsoft Outlook Personal Store
  • ネットワーク接続ストレージ(NAS)デバイスのハードディスクドライブ
  • 外付けハードディスク、メモリーカード、SanDisk、ペンドライブ、その他あらゆる形式のストレージデバイス
  • ストレージプロバイダー

リモートデータ復旧の無料見積りをご希望の場合は、電話番号03 3509 7133までお問い合わせください。

お客様の状況に対する最善のオプションは?長年に渡るデータ復旧経験を積んだ、オントラックデータ復旧チームの復旧スペシャリストによる無料相談では、データ消失の状況を調査し、ラボ内復旧、リモート復旧、専用復旧または現場での復旧のどれが最善かつ費用対効果の最も高いソリューションであるかを、判断するお手伝いをいたします。